ことばには不思議な力があります。そのことばでこころの霧が晴れて、パッと視界が開けたり、 スト〜ンとこころの奥底にすいこまれて行くことばに出会うこともあります。 そんな、僕が出会ってとても勇気づけられたことばたちを、ここに少しずつ紹介して参ります。

これで十分     ナナオ サカキ

足に土

手に斧

目に花

耳に鳥

鼻に茸

口にほほえみ

胸に歌

肌に汗

心に風

これで十分

===================================

“Just Enough”

Soil for legs

Axe for hands

Flower for eyes

Bird for ears

Mushroom for nose

Smile for mouth

Songs for lungs

Sweat for skin

Wind for mind

Just enough

▲このページのトップへ

魔法のことば (エスキモー族)

ずっと、ずっと大昔
人と動物がともにこの世に住んでいたとき
なりたいと思えば人が動物になれたし 動物が人にもなれた。
だから時には人だったり、時には動物だったり、
互に区別はなかったのだ。
そしてみんながおなじことばをしゃべっていた。

その時ことばは、みな魔法のことばで、
人の頭は、不思議な力をもっていた。
ぐうぜん口について出たことばが
不思議な結果をおこすことがあった。

ことばは急に生命をもちだし
人が望んだことがほんとにおこった……
したいことを、ただ口に出して言えばよかった。
なぜそんなことができたのか
だれにも説明できなかった。

世界はただ、そういうふうになっていたのだ。

=============================================================

「おれは歌だおれはここを歩く」 アメリカ・インディアンの詩
金関寿夫 訳 秋野亥左牟 絵 福音館書店より引用

▲このページのトップへ

100人の村

もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで
全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう
その村には…
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます
52人が女性で
48人が男性です
70人が有色人種で
30人が白人
70人がキリスト教以外の人たちで
30人がキリスト教
89人が異性愛者で
11人が同性愛者
6人が全世界の富の59%を所有し
その6人ともがアメリカ国籍
80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調に苦しみ
1人が瀕死の状態にあり
1人は今生まれようとしています
1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け
そして1人だけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図から 私達の世界を見るなら
相手をあるがままに 受け容れること 自分と違う人を理解すること
そしてそう言う事実を知るための教育がいかに必要かは
火を見るより明らかです
また次のような視点からもじっくり考えて見ましょう
もしあなたが今朝目が覚めた時 病気でなく健康だなと感じることが出来たなら
…あなたは今週生き残る事のできないであろう100万人の人たちより 恵まれています
もしあなたが戦いの危険や投獄される孤独や獄門の苦悩
あるいは飢えの悲痛を 一度も経験したことがないのなら…
あなたは世界の5億人の人たちより恵まれています
もしあなたがしつこく苦しめられることや逮捕拷問
または死の恐怖を感じることなしに 教会のミサに行くことが出来るなら…
あなたは世界の30億人の人たちより恵まれています
もし冷蔵庫に食料があり着る服があり 頭の上に屋根があり寝る場所があるなら…
あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています
もし銀行に預金がありお財布にお金があり
家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら…
あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です
もしあなたの両親がともに健在で そして二人がまだ一緒なら
…それはとても稀れ なことです

もしこのメッセ−ジを読む事ができるなら あなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう
何故ならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて
その上あなた は全く文字の読めない世界中の20億の人々より
ずっと恵まれているからです
昔の人がこう言いました 我が身から出るものはいずれ我が身に戻り来ると
お金に執着することなく喜んで働きましょう
かって一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく自由に踊りましょう
誰も聞いてないかのごとくのびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう
このメッセ−ジを人に伝えて下さい そしてその人の一日を照らしてください
※作者不詳   訳 なかのひろみ
(前段はDonella MeadowsのThe Global Citizen 5/31/1990掲載原稿が原本といわれています)
=============================================================
これはアメリカの友人から なかのひろみ(中野裕弓)さんに伝えられたメッセージです

▲このページのトップへ
  

さいとうひとりさんの 天 国 言 葉

愛しています。

ついてる。

うれしい。

たのしい。

感謝してます。

しあわせ。

ありがとう。

許します。

▲このページのトップへ

WE ARE THE WORLD USA for AFRICA

<作詞・作曲> マイケル・ジャクソン ライオネル・リッチー

今こそあの声に耳を傾けるんだ
今こそ世界が一丸となる時だ
人々が死んでゆく
いのちのために手を貸す時がきたんだ
それはあらゆるものの中で最大の贈り物
これ以上知らん振りを続けるわけにはいかない
誰かが、どこかで変化を起こさなければ
僕らはすべて神のもと、大きな家族の一員なんだ
本当さ
すべての人に必要なのは愛なんだ

僕らは仲間、僕らは神の子供たち
明るい明日を作るのは僕らの仕事
さあ今こそ始めよう
選ぶのは君だ
それは自らのいのちを救うことなんだ
本当さ、住みよい世界を作るのさ
君と僕で・・・
心が届けば支えになってあげられる
そうすれば彼らも力強さと自由を手に入れるだろう
神が石をパンに変えて示してくれたように
僕らもみんなで救いの手をさしのべるべきなんだ

見放されてしまったら、何の希望もなくなるものさ
負けたりしないと信ずることが大切なんだ
変化は必ず起こると確信しよう
僕らがひとつになって立ちあがればいいんだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WE ARE THE WORLD USA for AFRICA
written by michael jackson and lionel richie
there comes a time when we heed a certain call
when the world must come together as one
there are people dying
and it's time to lend a hand to life
the greatest gift of all
we can't go on pretending day by day
that someone, somewhere will soon

make a change
we are all a part of god's great big family and the truth, you know,
love is all we need

we are the world, we are the children
we are the ones who make a brighter day
so let's start giving
there's a choice we're making
we're saving our own lives
it's true we'll make a better day
just you and me
send them your heart so they'll know that
someone cares and their lives will be stronger and free
as god has shown us by turning stones bread
so we all must lend a helping hand

when you're down and out, there seems no hope at all
but if you just believe there's no way
we can fall let us realize that a change can only come
when we stand together as one

空のはた織り機 <そらのはたおりき> テワ・プエブロ族

ああ わたしたちの大地の母
ああわたしたちの大空の父よ
わたしたちは あなたがたの子供

  疲れた背中に あなたがたへの贈り物を背負ってやってきました

だからどうかわたしたちの母 わたしたちの父よ
わたしたちに光りの衣服を織ってください

  朝の白い光りを縦糸にして
  夕方の赤い光りを横糸にして
  降る雨を縁ぶさにして
  空にかかる虹を縁どりにして

わたしたちに光りの衣服を織ってください
それを着てわたしたちは
鳥の歌う森 みどりの草原を 行くでしょう

▲このページのトップへ